岩盤浴は腰痛に良さそう

わたし、よく岩盤浴行くんです。

気持ち良いんですよ、これが。^^

ジワジワ体の芯があったまって、温かさが続きます。

表面だけあっためてるわけではなく、

炭火焼きの焼き鳥の気分です。

遠赤外線効果というもので、身体の内部まであっためてくれます。

岩盤浴入って、たっぷり汗かいて、

そのあと温泉につかり、極楽です。^^

ただですね、結構な頻度で次の日、腰が痛くなるんです。

スポンサーリンク

なぜ腰がいたくなるのか?

体は快調になっているはずなのに、なんで腰が痛くなるの??

そこで、自分なりに考えてみました。

岩盤浴で寝そべるとき、たいてい木の枕があるんですが、

高さが高くてクビが引っ張られる感じなんです。

エライお殿様になった気分ですが・・・

でも、腰に悪いような気がして、わざわざ木の枕を使うのはやめました。

すると、翌日の腰痛が減りました。

そう言えば、妻の実家に行くと、いつも使っている枕と違うんですが、

固くて高さの高いそば枕で、翌朝、いつも腰が痛くて目が覚めるんです。

あとは、同じ姿勢で寝そべるのも、腰に悪いんでしょうか。

ついついガマン比べみたいになっちゃって、

「動いちゃだめだ動いちゃだめだ」

「せっかくだから、汗出せ汗出せ」

「どうだ!こんなに長く寝てるぞー 我慢強いオレ!」と、

せっせとがんばり過ぎてたような気が。(^^;

「岩盤浴」でなく、「ガンバリ良く」 ですね。

また、岩盤浴って普段あまりかかない汗を、大量にかきます。

でも今の世の中、人はあまり汗をかかないので、

汗をかく機能が衰えてしまっているそう。

汗をかくことは、からだの代謝を良くしたり、

自律神経を整えたり、体にとって大事です。

こまめな運動をしたり、お風呂に十分つかったりして

汗を出して、健康維持に努めたいものです。

しかしいくら汗を出す事が良くても、

何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」で、

岩盤浴に入れば入るのほどいいのではなく、

あくまで岩盤浴は、健康法のひとつ。

岩盤浴=治療法 では無いんですね。

当然、大量に汗をかくことで、体力の消耗は大きくなります。

身体の内部では、酷使されて疲労が起きてるかもしれません。

風邪ひいたときは、お風呂に入らない方がいいという、いわれがあります。

現代の解釈では入ってもいいらしいですが、

お風呂に入った後、湯冷めする危険があるのと

風呂につかると、思ったより体力を消耗するという理由で、

風邪で弱った身体に、さらにダメージが与えられてしまう可能性があります。

体力の消耗は、腰にも疲労を与えるので、ほどほどが良いようです。

腰にやさしい岩盤浴の入り方

ということで、腰を痛めない岩盤浴の入り方について、

まとめてみました。

1.自分に合った枕を使う(タオルを敷くなど)

2.同じ姿勢を続けない。適度に寝返りを。

3.疲労を感じない程度で、ほどほどに。

皆さんも、腰に快適な岩盤浴ライフをお楽しみ下さい。^^

スポンサーリンク