温める?冷やす?

 

腰が痛い時は温めた方がいいのでしょうか?

それとも冷やした方がいいのでしょうか?

 

どちらがいいのかは、腰の痛め方によります。

ギックリ腰になった場合、二日間はアイシング(冷やす)の方がいい

と言われています。

腰を冷やす場合

激しい痛みで動けなくなっている腰を、

冷やしてあげることで動ける様になってきます。

冷やし方ですが、ロックアイスを袋ごとタオルで包んだり、

氷枕をタオルで包んだものを痛みのでるところに当てます。

 

この場合、アイシングして冷やすことが自体が目的ではありません。

冷やした後30分後には、収縮していた血管が拡張し始め、

血流が増えて、腰の組織が深いところから温まり始めます。

冷やして鎮痛効果が得られ、さらにその後の温熱効果も得られます。

 

また、寝るときに湿布を貼ると、冷熱効果だけでなく

鎮痛剤が皮膚から浸透して、

深部まで届くことをが期待されます。

※ただし、湿布を貼りすぎて寝た場合、胃腸や腎臓が荒れる場合が

あるため、注意が必要です。

 

↓ 詳しくはコチラの記事で ↓

とりあえず湿布という考えは、やめてみませんか

 

腰を温める場合

急性的な腰の痛みでは、この様に最初は冷やして

鎮静効果を得たほうが良いと、一般的には言われています。

 

ただし、急激な痛みも、炎症によるものであれば、

カイロなどで温めてあげることで、血流が良くなり

回復が早くなるという説もあります。

 

どちらがいいか?心地よい方を選んだり、その時の状況をみて

対処したりするのが良いでしょう。

 

次に、ギックリ腰を冷やしたあと、症状が治まったり、

慢性的な腰の痛みに対しては、患部を温めるのが良いでしょう。

 

腰の血流を良くし、それによって疲れの物質も排除され、

筋肉の緊張を取りさるため、痛みが治ります。

 

温湿布は患部の表面だけを温めることにもなるので、

ぬるめのお風呂にゆったりつかるのも、腰の痛みに効果的です。

 

体の深部まで温める効果があるものとして、

超音波や遠赤外線効果のある岩盤浴などがあります。

ただ、腰の痛みに効く方法は、人それぞれですので、

自分に合った方法を、試しながら見つけていくのが良いでしょう。