腰痛だ!湿布を貼る?

 

湿布には、鎮静剤や消炎剤が含まれており、

痛みを抑えてくれる、一定の効果があります。

炎症がひどい時は冷湿布を、

痛みが治まった時は、温湿布をするのが

一般的によく言われる対処法です。

 

湿布は薬です。

ただ、湿布や薬に頼り過ぎるのは、いかがでしょう?

湿布や薬は、あくまで症状を手っ取り早く抑えるための、

一時的なものに過ぎません。

 

さらに湿布とはいえ、薬の一種ですから、

当然、副作用があります。

湿布を貼って紫外線に当たると、

皮膚が腫れてしまうことがあります。

たくさんの湿布を貼ったまま寝ると、

胃腸や腎臓が荒れてしまうこともあります。

 

温湿布だったらいいの?

あと、温湿布にはからしの成分が入っています。

温湿布をして温かく感じるのは、

単なるヒリヒリする「からしのおかげ」だけなのかもしれません。

しかも温湿布は、表面しか温めないとも言われています。

 

湿布は対処療法

このように湿布などの薬は、対処療法と言われるもので、

根本的な解決にはなっていないため、腰痛が再発する可能性があります。

腰痛はなぜ起きるのか、どうしたら腰痛が無くなるのか、

原因を突き止めて治すことを目標にしないと、

いつまでも同じ失敗をくりかえすだけです。

 

湿布を貼っても、腰痛が一向に良くならない・・・

そもそも、この考えが間違いです。

湿布は痛みの症状を、単に抑えてくれる薬なので、

痛みが出る原因を、元から解決してくれるものではありません。

 

ただし、痛くて日常的に生活が出来ない場合や

痛みが軽くなれば、快適に過ごせるケースに限り、

一時的に湿布を使用するのは、良いと思われます。