腰が痛いとき、コルセットを身に着けることがあります。
コルセットの効果ってあるんでしょうか?

腰痛がある程度おさまると、痛みがなくなったからといって、
激しい運動をしたり急激な動きをして
また腰を痛めてしまうことがあります。

そんな急な動きや強い曲げ伸ばしを行えないようにするため、
コルセットを身に着け、動きを制限します。
動きが抑えられると、腰への負担はなくなります。

それとコルセットをしてることで、
腰が悪いからあんまり急な動きはよそうなど、
注意しようという気持ちが生まれます。
動きを制限して、注意しようという意識がメリットです。

ただ、コルセットを必要以上に長いこと身に着けていると、
コルセットに頼り切ってしまいます。
そうなると、背筋や腹筋の力が弱まってしまいます。
コルセットをつける場合は、なるべく短期間が良いです。

コルセットになるべく頼らないために、
腰回りの筋肉を強化する必要があります。
また、腰が痛いからといってコルセットを強く巻いたままにすると、
皮膚がすれて擦り傷がひどくなる場合があります。

ひどい方だと出血して、膿が出て腰も痛いわ、擦り傷も痛いわ、
大変なことになります。
いろんな状況に対応しながら、コルセットに頼り切らない
対策をしていかないといけませんね。