あぐらをすると腰に負担がかかる

あぐらをかくと腰が痛くなりませんか。

 

注意して下さい!

あぐらは、腰に負担がかかりやすい姿勢なので、

腰痛になりやすいんです。

 

姿勢と腰への負担について

よくある日常の姿勢や動きを、

腰に負担がかかりにくい順番で書いてみました。

下に行けば行くほど、色が濃くなるほど

腰に大きな負担がかかる、腰痛になりやすいと表してみました。

 

仰向けに寝る(←腰への負担が1番軽い)

横を向いて寝る

立つ

椅子に座る

正座

深くお辞儀をする

あぐら

 

この様に、あぐらをかくことが、腰に1番力がかかります。

確かにあぐらをしている時は、

腰も丸まって猫背になりやすいですね。

こたつや畳で過ごす時は、

あぐらをかくのではなく、

足を伸ばせる座椅子を使うか、

クッションを使ったり、

正座をしたりすると良いでしょう。

 

腰痛になりやすい動きや姿勢

その他、日常生活の中で、

腰痛になりやすい動きや姿勢を、書いてみました。

 

具体的には、体の片側の筋肉だけを使っている動きや姿勢です。

 

・椅子に座る時、足を組んで座る。

・立っている時、片方に重心をかけている。

・テレビを見るとき寝ながら見たり、顔だけ向けて見る。

・カバンを持つ時片側だけかけていたり、

片方の手だけ使っている。

 

※椅子に座るときの姿勢については、

こちらで書いてます。→ デスクワークで腰痛を予防する3つの工夫

 

これらの動きや姿勢は、片側の筋肉だけ使うものです。

もう片方の筋肉は、使われないことになってしまいます。

使われない筋肉は、衰えてしまい、

血流も悪くなり、老廃物質も

うまく排出されなくなります。

そのことで筋肉のコリを生み、

固くなった筋肉のために、

血流が悪くなるという悪循環を

繰り返してしまいます。

 

筋肉のバランスも悪くなると、骨格も歪みます。

さらにその歪みを治そうとして、

筋肉が緊張してしまいます。

姿勢が悪くなると、

さらに腰痛が悪化するのは

このためです。

 

さらに、ものを持ちあげるときの持ち上げ方ですが、

腰が丸まった状態で持ち上げてはいけません。

 

・猫背にならずに腰を伸ばして待つ。

・出来るだけ持ち物を体に近づけて持ち上げる。

・いきなり持ち上げるのでなく、一呼吸おく。(筋肉の準備ができます。)

 

日常生活の中で、腰に負担をかける姿勢や動きを避けるだけで、

腰痛を予防をする事ができますね。