長時間運転しているドライバーの皆さん、

腰痛の予防はされていますか?

 

仕事柄、長時間運転をされる

トラックの運転手さんや、タクシーの運転手さんは、

同じ姿勢を長時間するため、腰を痛めることも多いと思います。

私も、ちょっと車で遠出をした時に、

休憩して車を降りるときなど、腰が痛くなって、

アイタタと、前かがみになってしまうことがあります。

 

最近の乗用車はシートが尻落ちのタイプで、

柔らかい座り心地になっていることが多く、

腰を痛めない正しい姿勢で座らないと、腰に負担がかかります。

 

運転中に腰に負担がかからない様にするには、

正しい姿勢で座ることがまず大事で、

その他、腰当てを利用したり、こまめに休憩をとって、

腰のストレッチをしたりするのが良いでしょう。

 

腰当てが無ければ、空のペットボトルやタオルを丸めたものを、

腰とシートの間に挟むだけで、

腰に負担のかかりにくい、S字カーブの姿勢になれます。

 

あと、シートが柔らかすぎることで

尻落ちしてしまうのを防ぐのに、

わざと硬い板を、座布団代わりに敷くという予防方法もあります。

硬い板に座ると、今度はお尻が痛くなるので、

痛くならないように、こまめに動かすようになります。

そうすると、必然的に腰を動かす運動になって、

腰痛予防体操になるんです。

 

あまり柔らかすぎな布団で寝ると、

寝返りが打ちにくくなるので、

少し固めのマットレスが良いという説と一緒ですね。