座り方に注意しましょう

性的な腰痛の方で、共通しているのが椅子への座り方の悪さです。

 

パソコンやテレビやゲームに集中してたりすると、

あごが前につきだしてしまいませんか?

または、リラックスして体の力を抜きすぎると、

腰が丸まりますよね。

たとえ今、腰痛にはなっていなくても、

将来腰痛になってしまう可能性の高い、腰痛予備軍です。

 

 

椅子への正しい座り方ですが、

腰が丸まらない様にしなければいけません。

背骨からお尻にかけて、

緩やかなS字曲線を描く様な座り方が理想です。

 

ただ、あまりにも姿勢にこだわって、

姿勢を正さないと!と意識しすぎると、

逆に「反り腰」といって、腰を痛める姿勢になってしまいます。

 

姿勢を正す3つの工夫

姿勢を正すのは、意識しないと難しいので、

手軽にできる3つの工夫を、あげてみました。

 

 

1. 腰当てを椅子につける。

緩やかなS字曲線を描くことができます。

背もたれに体を預けるのが重要です。

 

 

2. フットレストを使う。

椅子に座ったとき、足が地面から離れていませんか。

足の重みで腰回りの筋肉に負担がかかるだけでなく、

太ももを圧迫することで、血流も悪くなります。

 

 

3. 体が前傾する様なグッズを使う。

腰が丸まらないように、体を軽く前に傾けてあげます。

それには二つの方法があります。

まずは椅子を前に傾ける方法で、椅子の後ろ脚を少し高くしてあげます。

椅子の後ろ脚に、タオルなどをつけると良いでしょう。

次の方法は、クッションや補助器を椅子に敷いて

椅子の奥側(背もたれに近い方)が、少し高くなるようにします。

 

腰痛を予防するグッズの方で、色々と紹介していきます。