イスは腰痛の原因になりえます

普段、何気なく座っているイス・・・

腰痛の原因は、そのイスにあるかもしれません。

 

椅子が合わないと、腰痛がかえって悪化してしまうんです。

特に座る時間が多い仕事をしている方は、

その人にあった適正な椅子に座らないと、

腰を痛める原因になっていまします。

 

最新の人間工学に基づいたイスは、10万円以上もします。

ただし、背もたれに高度な工夫がなされており、

腰に負担をかけない作りになっています。

有名なところでは、アーロンチェアですね。

長時間PCと向き合う方は、疲れにくいという評判です。

座る姿勢が重要

しかし、高級なイスに座るだけでは、腰の痛みは予防できません。

パソコンなどの作業や物書きをする時に、

前かがみになって背もたれから離れてしまうと、

腰に負担がかかります。

 

そこで、座る姿勢が重要となります。

 

背もたれにしっかり預けて座るために、

前かがみにならない様に工夫が必要です。

それには、座った時に足が浮かない様に、

フットレストを利用するのが良いでしょう。

 

背もたれに十分な工夫がなされていない普通の椅子なら、

腰当てをつけてみるのも一つの手です。

腰のカーブは人によって様々なので、

腰当てを付ける位置や大きさなどは、

実際に腰当をつけてみて、調整する必要があります。

 

色々なグッズを利用して、腰に負担をかけないように

工夫することが、腰痛予防になりますね。

 

立つときの正しい姿勢

ちなみに、座る時もそうですが、立つ時も正しい姿勢があります。

背筋を伸ばして反りすぎたバレリーナの様な、

一見すると美しいと思われる姿勢は、

実は「反腰:そりこし」といって、

腰に非常に負担のかかる、腰にとっては悪い姿勢になります。

反りすぎず、かつ前かがみにならない理想的な姿勢を、

立っている時も座っている時も心がけないといけませんね。