手術で腰が治るのか?

腰が痛くて我慢ができないので、

手術しようと思っている方もいるかと思います。

病院で先生に手術を勧められて、

果たして腰の痛みは治るのでしょうか。

椎間板ヘルニアで手術した

よくある話の一つですが、腰のレントゲンを撮ったら、

椎間板が神経を圧迫している所見が見られた。

いわゆる椎間板ヘルニアです。

 

椎間板を釣る手術をして、レントゲン上で、見た目は正常になった。

しかし腰の痛みは全く変わらず、痛いままだ!という方は、

やはりいるのです。

 

椎間板が神経を圧迫して、腰が痛くなっているというのが、

そもそも誤りでした。

レントゲンで映った椎間板の異常が、腰が痛い原因なのだ!

というのは、そもそも間違いです。

 

手術は根本的な解決になるの?

神経組織の周囲が炎症を起こしているため、腰が痛いという説もあります。

炎症は治る前の反応のひとつであり、悪いものだととらえ過ぎないように

という方もいらっしゃいます。

その説は、またご紹介します。

 

さて、手術の話に戻りますが、

病院でMRIやレントゲンの画像だけで、先生に判断を下される。

やれブロック注射だ、やれネジを埋め込めばいいだ、

椎間板を除去したりする手術だ!と、

痛みを抑えたり、異常な形を正常にするだけで、

根本的な解決にはなっていないから、

治らなかったり再発などが起きるのでしょう。

 

手術はリスクがつきもの

もちろん、手術でしか治らない腰痛も中にはあるでしょうが、

手術は最終手段です。

手術することで神経を傷つけて

再起不能になる最悪の事態もありますから。

手術のリスクは、当然あります。

 

判断材料や治療法って、お医者さんの間ではマニュアルがあって、

確立されているのでしょう。

診療方針に従ってるのでしょう。

ただ、人それぞれ痛み方や姿勢の特徴、どういった作業が多いか、

触診など、多方面から見られる先生も、中にはいるでしょう。

それは治した患者さんの数や、口コミなどを見れば、

その方が信用できるか、わかると思います。

 

ps .子供の腕が脱臼して、クリニックに連れて行ったときの話です。

診察してレントゲン撮って、骨は異常ないですと言われ、

元に戻そうと先生が処置したのはいいですが、

腕のいい方とは言いがたく、子供はまだ痛がっている状態なのに、

様子を見ましょうと言われて、湿布を渡されて終わり・・・

そのあと、知り合いの整骨院の先生に診てもらい、

腕を触った途端、

「あぁ。まだ外れていますね」

カクっ!と一瞬で子供の脱臼を元に戻しました。

すぐ治ったんです。