ゴルフのスイングで腰を痛めた

ゴルフでスイングした時、グキッと腰を痛めたことはありませんか。

 

数年前ですが、ドライバーで打ちっ放ししていたとき、痛めました。

フルスイングで、真っすぐベストショットを飛ばしたまでは

良かったのですが、グキッ!と。

調子に乗って思いっきり腰を回転させたのが、運の尽き・・・

あいたたた・・・

 

痛めた後は、腰の激痛と、

また痛めてしまうんじゃないかという恐怖心で、

すぐに練習終了・・・

その後、しばらくはスイング出来ませんでした。

 

プロとアマの違い

フルスイングに耐えれるプロは、基礎の筋力が違います。

なのでアマチュアがプロのスイングをそっくり真似しても、

思う様に飛ばないばかりか、大きな負荷が腰にかかり、

腰痛の原因になってしまいます。

 

腰痛を回避するスイングとは?

ゴルフで腰を痛めないためには、体幹の回転運動が重要です。

十分に回転しないと、上半身だけ回って下半身が回らない形になり、

上半身と下半身をつなぐ腰回りの筋肉や靭帯にねじれが起きます。

不自然なねじれは、当然負荷が大きくなり

スイングするたびに腰にダメージを与えていることになります。

 

それと、意外と思われるかもしれませんが、

おもいっきり打ったときよりも、

軽く打つ時の方が腰を痛めやすいようです。

下腹部に力をいれて、力強く打つスイングは、

腹筋の力が腰への負担を和らげます。

でも軽く打った時は、腹筋が緩んでいるので、

腰へのダメージが直結してしまうんです。

意識して腹筋に力を入れてスイングしましょう。

 

それと有名なプロゴルファー片山晋呉さんは、

右利きですが左のスイングも、試合中にこなしています。

逆側のスイングをすることで、腰への負担に偏りがなくなり、

腰痛予防にも効果ありです。

体のバランスも良くなるので、スコアも良くなるかもしれませんね。