高齢者に多い「脊柱管狭窄症」とは、どんな病気なのでしょう?

 

「脊柱管狭窄症」(せきちゅうかんきょうさくしょう)

漢字がいっぱいで、こむずかしい感じですね。

 

脊柱管とは?

背骨の後ろ側に、

脳から伸びた神経(脊髄)が通る管があります。

この管が、脊柱管です。

 

腰のじん帯や椎間板などが変形すると、

この脊柱管を圧迫して狭くします。

その結果、腰痛や足の痺れを起こします。

このような一連の症状を「脊柱管狭窄症」といいます。

 

50代後半以降に多い腰痛となっています。

 

では「脊柱管狭窄症」になったら、

どういった症状が起きるのでしょう?

 

ちょっと歩くと、

太ももから足にかけて痛みや痺れが出てくる・・・

 

しばらく休むと、歩けるようになるが、

また歩き出すと痛み出してくる・・・

 

腰は丸めていたほうが楽で、

座ったり休んだりすると

また歩けるようになる・・・

 

そんな症状を「間欠性跛行」(かんけつせいはこう)と言います。

 

この「間欠性跛行」とMRIの画像診断で

脊柱管の狭さが確認できると、

「脊柱管狭窄症」という診断が下されるようです。

 

脊柱管狭窄症は加齢によるものも多く、

ある意味、生理的な現象です。

正しい姿勢作りの運動をしたり、

日常生活で血流を抑えてしまう習慣(喫煙など)を

やめることが大事になってきます。