わたしが実際、整骨院でマッサージを受けた時の話です。

 

慢性的な腰痛に悩んでいたときがありました。

近くの整骨院で、腰痛の治療をしてくれると聞き、

通ってみることにしたんです。

 

保険が利くので、一回に千円弱ですみました。

電気治療やウォーターベッドによる振動など、

腰の筋肉をほぐしたあと、

最後に先生にマッサージをしてもらいます。

 

「凝ってますね~」とか

「この辺が固いからほぐしますねー」などと、

診断されながら、マッサージを受けます。

 

先生にもよると思いますが、

結構強めのマッサージで、

痛めだけど、気持ち良いイタキモなマッサージです。

 

ただしですね、数時間後や次の日、

必ず腰が痛くなります。

 

熱を帯びて炎症しています。

よく言われる、もみ返しという症状ですね。

強めのマッサージを受けると、

もみ返しという炎症反応が起きます。

炎症という症状は、血流を増やして

修復作業している状態です。

 

炎症が起こるということは、

筋肉組織が破壊されているということでしょう。

わたしの場合、このもみ返しの症状もイヤになり、

マッサージを受け続けて腰も軽くなる様子が無かったため、

整骨院に通うのをやめました。

 

マッサージを受けると気持ちが良くなって、

痛みもやわらぎ、治ったと思ってしまいますが、

マッサージもあくまで対処療法の一つです。

マッサージした部位の血流が良くなり、

一時的に良くなった様に感じられます。

強くマッサージし過ぎると、

もみ返しが起こり、ひどい時になると、

三日間立てなくなる状態になるそうです。

 

整骨院にお金を払って、

腰痛を治しにきたのに、

逆に筋肉を炎症させて悪化させてしまっていたら、

治るものも治らないですよね。^^;